催事案内

  1. HOME
  2. 催事案内
  3. 催事案内詳細

4 Weeks Selection ~次世代を担う若手作家たちの空間~
タイトル:私の45日間

作家名:佐藤 静恵(ガラス)

開催場所:1F 次回開催
開催期間:2020年8月18日(火)~9月13日(日)
開催時間:10:00~18:00

今年4月17日。
某ウィルスの影響で工房が閉鎖になり、私たち研修者は1ヶ月以上の自宅研修を余儀なくされました。
自室で悶々と過ごす中で、毎日の日記をつけるように小作品を作ってみようと試み今回の展示に至ります。

私の過ごした45日間を、作品を介してみなさんと共有できたら嬉しいです。

佐藤 静恵

経歴)

1983  埼玉県生まれ
2006  多摩美術大学 工芸学科ガラス専攻 卒業
2013  シドニー大学 シドニーカレッジオブアート スタジオアートコース 留学
2014  Ranamok Prize for Contemporary Glass 2014、Finalist Tour 出品
2015  筑波大学大学院 人間総合科学研究科芸術専攻 前期博士課程 修了
 「ガラス造形の未来学vol.3」企画・グループ展 Gallery O2、東京
2017  「Glass Installation Work ─weaving glass─」企画・個展 DiEGO、東京(Gallery O2共同企画)
2019  第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ 「越境する工芸」入選
2020  第76回金沢市工芸展 金沢市長最優秀賞(大賞)受賞
2019~  金沢卯辰山工芸工房 ガラス工房研修者

ステートメント)

自身の日常、日々の憂いや想いを込めて、一目一目ガラスを紡ぐように制作しています。
ガラスという素材の必然性を深化していく行為の現れ、「表現と素材」の相互関係から生まれる魅力的な造形を、これからも探求していきます。


Shizue SATO

CV)

1983  Born in Saitama, Japan
2006  Tama Art University, Department of Glass Art, BFA
2013  University of Sydney, Sydney College of the Arts, Studio Art Course, Research Master Exchange Program
2014  Ranamok Prize for Contemporary Glass 2014 Australia-New Zealand, Finalist Tour
2015  University of Tsukuba, Graduate School of Comprehensive Human Science, Art & Design Department MFA
 "The Shape of Glass to Come vol.3" Feature Group Exhibition, Gallery O2, Tokyo
2017  "Glass Installation Work -weaving glass-" Feature Solo Exhibition, Gallery DiEGO, Tokyo (Joint Plan of Gallery O2)
2019  4thTriennale of KOGEI in Kanazawa, KOGEI as Contemporary Craft : Transcending Boundaries, Finalist
2020  76thKanazawa Craft Competition, Grand Prize
2019~  Kanazawa Utatsuyama Kogei Koubou, Ishikawa, Japan

Statement)

Like weaving threads with my thoughts and sorrows through every single moment in daily life, I am making the work by Pâte de verre. I'll keep seeking attractive expressions based on exchanges between concepts and necessity of the material, glass.

ギャラリー利用案内